読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お も い の こ し

た だ の を た く の 備 忘 録 。

4 あ い ど る ( き ど り ) に で あ っ た こ ろ の は な し

ただの思い出話。

つらつらとハマる前の話を

書いてます。

不快に感じるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

普通の女子高生してました。

普通に学校に行って、

勉強が楽しくて、

クラスがとっても楽しくて、

部活も毎日あって、

彼氏っていう存在もいて。

 

 

その時は某J事務所の

気象系グループの4男が大好きでした。

でも、部活が忙しい、

そして何より恋愛脳だったので

高校生活の後半は

ほとんどフェードアウトしてました。

 

 

 

私の部活は吹奏楽部でした。

 

 

音楽が好き。

そしてこの部活でミュージカルがやりたい。

 

 

高校生になったら

吹部には入らないって言ってたんですけど

入っちゃいました。

 

 

私のいた2年半。

1年生。

顧問が変わり先輩達が

たくさんやめてしまったこと。

冬のアンコン練習で

私と同じパートの子を

さんざん貶されて

たくさん衝突したこと。

2年生。

大好きな先輩達が

嫌いな先輩、顧問が新しくなった

せいでやめてしまったこと。

 

 

辛いことの方が多い日々でした

 

 

そんな日々が続いていて

私の支えは

当時お付き合いしていた彼氏さんと

帰ってから動画を漁ったりすることでした。

 

 

高校3年生。

 

 

そのまま部長になる予定だった同級生が

部長をやめ、私が部長になりました。

 

 

頑張りたい。

そう思ってました。

 

 

私は同級生が大好きでした。

特に同じパートにいた女の子。

 

 

 

でもそんなにうまくいかなかった。

 

 

 

大好きだった同じパートの子に

陰口を言われるようになりました。

 

 

その子の彼氏が前部長を務めてたので

私が部長になったのが

気に食わなかったんでしょうね。

 

 

それでも、支えてくれる人がいる。

そう思って頑張ってました。

 

 

そんな時に出会いました。

モーニング娘。に。

 

家に帰ってからの楽しみの1つ。

YouTube漁り。

 

そこでモーニング娘。

寝起きドッキリの動画を見ました。

 

 

キラキラしてる。

とってもかわいい。

 

 

 

毎日見るようになりました。

 

 

 

そして本当に出会いました。

むすめん。に。

 

 

ニコ動とかいろいろ知ってはいたけど

全然興味がなかったので

興味本位で

YouTubeの関連動画をタップしてみました。

 

男10人で モーニング娘。 - What is LOVE? を踊ってみた - YouTube

 

 

すげぇ!この人たち!!!!!

しかもでかい人めっちゃかっこいい!!!

 

 

そして興味を持つようになりました。

この人たちの動画をもっと見たい。

 

 

 

そこから毎日の部活のストレス解消を

むすめん。の動画で解消してました。

 

 

 

まだ完全に沼に落ちてはないんですよね。

この時点では。

 

 

 

夏休み。

 

私の部活は毎年プールコンサートがあったので

その練習とコンクールの練習で

大忙しの季節でした。

 

 

それと同時に私のメンタルは

ボロボロでした。

私が弱いのも悪いんですけどね。

 

演奏するのは楽しい。

でも人間関係はすごく悪い。

 

 

知らないうちに悪者にされる。

 

顧問に

 

 

「同じパートだった女の子が

「本名さんがパート練習に全然参加してくれない」

って言っていた。」

 

 

私、パート練習に呼ばれたこと1回も

なかったんですけどね。

 

 

ただ顧問は変に物分りの良くて

何でもお見通しの人だったので

私が悪くないのをわかってくれていたのが

唯一の救いかな。

 

 

こんな中でもかかさずに

むすめん。の動画を見ていました。

心のよりどころでした。

ライブに行きたいとかそういうのはなく

ただただ、すごいなこの人たち。

そんな思いだけでした。

 

 

 

2学期。

 

 

 

隣の市の音楽祭当日。

 

 

「何で今日あの子来たのかな。最悪。」

 

 

今でも忘れません。

この日私の溜め込んでいたものが

爆発してしまいました。

 

 

そしてこの日

私は部活をやめることを決めました。

 

 

 

 

私の彼氏は

同じクラス、同じ部活っていう

とっても身近な存在でした。

 

 

部活をやめてもなんも変わんないよ。

 

 

初めてのお付き合いだったので

何でも信じてましたね。

 

 

この言葉も。

 

 

心の支えであった彼氏さん。

クラスでは避けられるようになりました。

 

 

 

別れ方もほんとに面白い。

当時の私にはショックでしか

なかったんですけどね。

 

 

 

「嫌」

 

 

 

この一言のLINE。

別れようも何もなく。

 

 

それでも好きだったなんて

今考えると自分って

本当に馬鹿だなぁ。

 

 

 

 

 

この頃にはすっかり沼に落ちていました。

今の推しに。

 

 

 

この人がいる。

この人が頑張っているから私も頑張ろう。

負けちゃダメだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

緑さん。

私を支えてくれて

ありがとう。